技術のタマゴ

カスタマイズとPC豆知識、ブログについて考えること。

ファンブログ移転でメタリフレッシュを試す

8月に、無料ブログのファンブログから
さくらのブログに、独自ドメインでお引越ししてきました。

そのとき、ファンブログに移転のお知らせを出して、
旧記事は残し、そのままの形で置いてきました。

新しいブログには、現在、新しい記事だけ置いています。

*****

私の旧ブログである、ファンブログの
パート派遣主婦のぐーたら子育て生活は、
現在、一日300前後の訪問数のあるサイトです。

更新停止中だというのに、冬が近づくにつれ
雪の結晶の切り絵130万扶養枠の記事のおかげで、
最近、どんどん検索のお客さまが増え続けています。

昨日なんて、370ユーザー来てます(Google Analytics データ)。

parthaken_ga20121114.jpg

新しい独自ドメインサイト、ココロデザインのブログを
全部合わせても、まったくかないません。

本当は、ココロデザインドメインのブログの方に
まるっと移したい気がするんですよ。
せっかく一年間育てた、よく検索にかかるブログですし。

でも、せっかく検索してきてくださった方に、リンク切れなどで
ご不便をかけるわけにはいきません。

移転(記事の移動)に、いい方法はあるんでしょうか。

*****

ファンブログには、お引越し機能、なんてものは
ついていません。

全部で800記事弱、カテゴリ別に、地味に一記事ずつ手作業、
もしくは、なんらかの手段で、さくらのブログに
がんばって記事を移したとして、記事ごとにリダイレクト
することはできるのでしょうか。

ファンブログでは
.htaccessを使ったリダイレクト、なんてことはできません。

なので、やるなら、一記事ごとにメタタグでリフレッシュ作戦かなー、
と思いまして、
ファンブログにテスト記事Aを一個作って、記事A内にメタタグを書き、
さくら側のテスト記事Bに跳ばしてみました。

refresh.jpg

(※<>は小文字に)

で、3秒後、見事に跳びました。

しかしですね。

その記事Aが含まれるページ、つまり10記事のっているページがあると
そこから、さくらのテスト記事Bに跳んでしまう。

さらに、跳ばす時間を0秒に設定すると、
ファンブログの管理画面、記事Aの編集ページから
そのまま、さくらの記事Bに跳んでしまうんです。

思わず、何が起こったかと、目をこすっちゃいましたよ。

こりゃ、だめだ。使えない。

一記事ごとに、メタタグの0秒リフレッシュを使っての
リダイレクト作戦は、ファンブログ移転には使えないんです。

じゃあ、どんな方法がいいかのというと、次回に続きます。

♪ 関連記事 ♪

さくらのブログ・SeesaaからWordPressの記事移動は簡単だった... 今のところ不満はないものの、将来的に、 このさくらのブログからWordPressに記事を移動したくなった時に できるのかなー、と思って試してみたら、 ものすごくあっさりと出来てしまったので、ご紹介します。 さくらのブログの中身は、無料ブロ...
WordPressブログを簡単に作る方法 この記事は、 『さくらのブログ・SeesaaからWordPressの記事移行は簡単だった』 の準備記事です。 ***** 通常、サーバのことだけではなく、データベースのこと、PHPなどが分からないと 手出しできないと思われているWord...
ドメイン以下のURLを完全に保持しながら無料ブログから移転する方法・本編... エクスポート機能のない無料ブログの記事を移設し、自分のドメインに、 ドメイン以下のURLを完全に保持したサイトを作りました。 ■見本サイト パート派遣主婦のぐーたら子育て生活(ファンブログ) http://fanblogs....
人気記事をアクセスを落とさず移転する方法... 前回、すたれない記事を書こうで 更新停止中のブログにもかかわらず、 検索で一日に300近い(※500ユーザーの6割) ユーザーを呼んでくれた人気記事がある、という話をしました。 でも、これって、あんまり嬉しくなくて。 嬉しくないことはない...
ブログ移転時に rel="canonical" を使いたいとき有... 「Google、ドメイン間の rel=”canonical” タグのサポート開始」   ~海外SEO情報ブログ 2009年12月17日 という少し古い記事があります。 ”Googleは、かねてからアナウンスしていたように、ドメインをまた...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です