技術のタマゴTOPアフィリエイト
2013年05月03日

激速で集客を100倍に増やす方法

広告費を積めば、入口までお客さんは来ます。
でも、おいしいラーメンを作れないのにお客さん呼んで、どうするの?

※タイトルは釣りですが、真面目な話です。

*****

すごくおいしいラーメンを作れる店主がいたとしまして。
立地や店構えが悪いばっかりに、誰にも知られず、
お客さんが来ない。

こういう場合は、一度、駅前にバーンと広告を
出してみたりするのもいいでしょう。

そこから口コミが拡がることもあります。

ラーメン好きな人が来る土地に移転したり、
お店を改装したりもあり。

お客さんが来るようになっても、新メニューが売れなかったり、
オススメ自信作に注文が入らなかったりしたら、
お店にポスター貼ったり、POP作ったりするのもいいでしょう。

お客さんがどこに座ったりするか迷ったり、
注文をどうしたらいいか分からないときは、
テーブルや椅子の配置を変えるのもありですよね。

でも、それは、おいしいラーメンが作れるってことが前提。

*****

初心者アフィリエイトブロガーさんから、
お客さんがちっとも来ないし、
ぜんぜん売れないんですけど、どうしたらいいんでしょう?
なんて相談を受ける場合があります。

SEOをちゃんとしてないからでしょうか?
HTML勉強しなくちゃいけないでしょうか、なんて言われたり。

毎日更新して100記事書いたんですけど、
それでも売れないんです、なんて。

*****

ボケが。

と、思うわけです。

記事を読みに行って、ムカオコぷんぷん丸ですよ。

無料ブログなら、普通に記事書けば、
そこそこ最低限のSEOっていうのは施されていて、
記事書いたら更新情報も飛ぶし、検索にもかかるようになります。

面白い記事なら、基本テンプレートそのままでも
ちゃんと読んでもらえます。

100記事書いた、とか言っても、どれも似たような記事で
バナー貼っただけ。

アフィリエイトリンクを貼るためだけの記事を量産しただけ。

*****

まず、100記事書けっていうのは、的を得ているとも思えますが、
的外れでもあります。

ラーメンも100回くらいは作らないと、うまく茹でられないし、
湯切りもちゃんとできないでしょう。

でもね、毎回ちゃんと味見して考えるんです。

出汁は豚骨でよかったんだろうか、鶏も使おう、
もうちょっと醤油が多い方がいいか、違う種類を使うか、
麺は縮れ麺にするか、太さはどうか、ゆで時間はどうか、
暑くなってきたからさっぱりさせるか、逆に味を濃くしてみるか、
具はこれでいいのか、チャーシューの厚さはどうか、
隠し味を入れてみるか、
季節やお客さんの様子を見ながら、ちゃんと考えるんです。

ただ、同じラーメンを100回作るのと、
よりおいしいラーメンを作ろうと工夫しながら100回作るのとでは
ぜんっぜん結果が違ってきます。

まずいラーメンただ100回作っても、うまいラーメンを
作れるようにはなりません。断言します。

納得のいくラーメンスープを作れない日は、店を開けなくてもいい。
まずい料理を出すな、と言いたいわけです。

*****

うちは豚骨系細めの縮れなし麺、チャーシューは豚バラ、
味玉は半熟のラーメン屋です、ってことをちゃんと
お客さんに伝える、これがSEOです。

豚骨系じゃなくて、魚介系のラーメンを食べたい人を
お店に呼んでも、たぶん満足してもらえないじゃないですか。

まあ、うっかり間違ったラーメン屋さんに入って、
なぜかすっごくおいしいそうなカレーが置いてあったら、
めずらしがって食べてくれるお客さんもいるかもしれないですね。

でも、石ころが並んでいたら?

人通りの多い銀座にある、小ぎれいなラーメン店。
広告に魅かれて、入口までは、たくさんのお客さんが来てる。

でも、お店をのぞくと、ただ石ころが積み上げてある。

100個あっても、1000個あっても、
ラーメン食べたい人が、石ころを買うわけがありません。

すっごく素敵な宝石だったら、ラーメンじゃなくても
買うかもしれないけど、その可能性は、低い。

だって、今食べたいの、ラーメンなんだもん。

*****

ブロガーって、伝えたいことがあって、
「自分はラーメンが好きだ。自分でもうまいラーメンを作って、
 よりたくさんの人に食べてもらいたい、儲けはわりと関係ない」
って人だと思います。

アフィリエイトブロガーは、伝えたいこともなく、
「ラーメンなら簡単で作れそうだし、儲かりそうだからはじめてみる」
ってかんじではじめる人が多いです。

結果的に、おいしいラーメンが出てくるなら、
出発点はどうでもいいです。

ラーメン作りに情熱がなくても、なぜか激ウマラーメンを
作ってしまう人はいるかもしれません。

激ウマラーメンを作りつつ、マーケティング、集客戦略や
お客さんの居心地の良さも考えつつ、原価率の計算とかもできて、
きっちり利益も上げられれば、最強でしょう。

でも、儲けたいだけでラーメン屋を始める人は
情熱を持ってやってるラーメン屋と比べて、スタート時点から
大きく負けてるっていうのは、良く分かっておいた方がいいと思います。

なかには情熱があっても、旨いラーメンが作れるようになれずに
辞めちゃう人もいますけどねぇ・・・。

*****

私はといえば、あんまり経営のことを考えていると、
旨いラーメンが作れなくなる、ただのへっぽこ調理人です。

でも、もっとおいしいラーメンを作って、より多くの方に
食べていただけるように、日々精進中です。

商売には向いてないんだよなぁ笑。


※ラーメン店を経営したことがないので想像で書きました。
 的外れな部分があれば、ご指摘くださいませ!

*****

☆まとめ☆

おいしいラーメン、お客さんが食べたいラーメンを
作れるようになるように、よく考えましょ。

旨いラーメンを作れもしないのに、石ころの売り方に
必死になってどうするの?
店構えや内装を頑張ったり、お客さんを呼ぶことばかり考えても、
むだ・ムダ・無駄!

それ、ただの逃げですから。

タグ:ブログ 集客
posted by かこ at 10:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | アフィリエイト
2013年03月04日

マネタイズ

今朝、夫に言われました。

「また今日もお金にならないこと(※)、やってるの?笑」

(※ブログとかツイッター)

「え、えーと、最近は、ま、まねたいずっていうことにも
 ちょっとは取り組んでみたりしてるよ?」

「マネタイズなんて言葉を使うやつで
 収益化できてるのを見たことないぞ」

おおっ、夫、いいコト言うなぁ笑。

なんていうか、夫の感覚って、こういうとこ
極めてマトモで、感心しちゃったりします。

*****

私にとっては、ブログは自己表現ツールで、
連載会議もなく、人から打ち切り宣告されることもない、
主張を書けば、それなりに自分以外の方に読んでいただける
ありがたい表現活動の場所だったりするわけで。

「収益化」っていうことを考え、広告を掲載することを考えると、
やっぱ、これはこのブログで書けないよなーとか
いうことも出てくるわけですよ。

広告主に申し訳ないからっていう理由で、
自分の書きたいことを書けないって不自由な思いをするなら、
広告掲載しないでブログを書くっていう方法は
アリだよねーと思います。

*****

まあ、広告掲載以前に、私はこのサイトやブログは、
自分のネット上の名刺代わりとも考えていて、
実生活での友人に知られていたり、派遣会社に伝えていたり、
子供のゴマアレルギーという特定要素もあり、
「ココロデザインのかこ」として、今後活動を続けていくと決めた以上は、
書けることも、書けない内容もあったりするわけですけどね。

*****

で、なんの話だっけ?

企業としてサイトを運営しているんなら
コンテンツをどうやって収益に結び付けていくか、ということを
常に頭に置くことは、必要で大切な考え方です。

でも、収入ツールとしてブログを作っている人と、
表現活動の場所としてブログを使っている人では、
「ブログ」というもののとらえ方は違います。

違っていていいんです。
上手く折り合いがつけられたら、なおのことよし。

でももし「収益化」を考えて、身動きがとれなくなってるなら、
そんなのほっといて、自分でやりたいことやって、
自分の書きたいこと書いちゃったらいいんじゃない?って。

ちゃんと中身があって、集客がともなってくれば、
いろんな方法をとることができます。

収益にもとうてい結び付きそうにない中身の薄さ、しかも
書きたいって気持ちも見えないような
半端なコンテンツやコピペ記事みると、
なんだかなー、と。

*****

私は、書きたいときに書きたいことだけ書く方針で
ずっとやってきたわけですけれど、
最近は、もうちょっと真剣に、自分のコンテンツの収益化というものに
取り組んでみようかなと考えて、いろいろ試してみたりもしています。

でも、やっぱり、自分の書きたいことが一番大切。

自分の書きたい記事に合わせて広告を選んで貼ることはできても、
広告に合わせて記事を書くなんて、私にはできない。

書きたいことが書けないような制約を受けるのに耐えたり、
書きたくもないのにお金のために書くなんて、
できそうにないわー笑。

だって、仕事じゃないしね、っと。
私の中では、趣味ともまた、違うんだけど。
面白がってやらなきゃ、書いてる意味がないでしょ?

posted by かこ at 20:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | アフィリエイト
2013年02月25日

楽天モーションウィジェット「リンクシェア」版

ちょっと出遅れた感があるのですが、2013年1月24日から、
LinkShareでも、楽天モーションウィジェットが
使えるようになりましたのでお知らせです。

リンクシェア「楽天モーションウィジェットLS版」の提供開始

楽天アフィリエイトと直接提携していると、成果は
基本的には楽天スーパーポイントでの支払いになります。

私は、楽天市場での買い物にポイントを使うので
ポイントで報酬をもらうのもぜんぜん構わないのですが、
楽天報酬を現金で受け取りたい方は、
リンクシェアを使って、楽天と提携するのが便利です。

楽天アフィリエイトと直接提携すると、
5サイトまでしか登録できないのですが、
リンクシェアだとサイト登録数が無制限(※サイトごとに審査あり)
なので、多数のサイトを運営する人には、
その点も便利なのではないでしょうか。

リンクシェアは、毎月一円でも成果が発生すると銀行に振り込まれ、
しかも振込手数料はリンクシェア持ち。このへんもいいですよね。

*****

この楽天モーションウィジェットの特徴としては、
「閲覧したコンテンツや楽天の利用履歴によって、
 サイトユーザーへの『最適な』おすすめ商品を表示する」
ところにあります。

表示される商品等について

効果は従来リンクの7倍、とありますが、
実は私、楽天モーションウィジェットの
『最適な』おすすめ商品表示が、好きじゃないんですよ。

今、ここにあるのが、楽天モーションウィジェットLS版です。



「掲載するページにマッチした商品を表示する」
ように作ってありますが、一度でも楽天広告を
踏んだことがある方は、その商品が出てきているはずです。

この商品が、一度踏んだら、「ワタシを見たでしょ?見たでしょ?」
買ったら、「ワタシを買ったよね?買ったよね?」と
いろんなブログ・サイトで追いかけてくれるんですね。

閲覧しているサイトやブログの運営者に
その情報が渡ることはないんですが、
仕組みを知らないと、けっこう不気味で、
知っていても、なかなかうっとおしかったり。

*****

なので、私のブログでは、通常は、ユーザーマッチングではなく
できるだけコンテンツマッチするように作っています。

楽天アフィリエイト(本家)のモーションウィジェットの
リンク作成画面に行きます。

rakuten_motion.jpg

デフォルトで入っている「おすすめ商品を優先的に表示する」
チェックを外し、さらに、余裕があれば
記事内のマッチングさせたいキーワードを
楽天ターゲットタグで挟みます。

楽天ダイナミックアド、追加機能(モーションウィジェットでも有効)

これで、コンテンツに無関係な、
ぎょっとするような商品はあまり配信されなくなります。
ターゲットタグの入れ込みをサボっていると、
楽天の売れ筋商品とかが、表示されちゃったりしますけどね。

現在、「ちびこといっしょ」のサイドバーの
楽天広告は、こうやって作ってあります。

*****

しかしですね。
リンクシェア版の楽天モーションウィジェットには、
この「おすすめ商品を優先する」のチェック欄がないんです。

LS_motion.jpg

つまり、ユーザーの閲覧・購入履歴にしたがって広告が出るのを
外せない仕様になってしまっているんですよね。

けっこう不満〜。

まあ、モーションウィジェットを使わなくても
リンクシェアで、楽天商品リンクは作れるので、
提携しても損はないんですけどね。

そもそも、自動生成した商品リンクって、
あんまりユーザーさんも見に行かないし、
手抜きして、貼るだけツール使っても、
あんまりいいことはないです。

ちゃんと、読者さんのことを考えて、自分で選ばないとね。
リンクシェアは、きっちりした大手の広告主さんも多いのが
いいなぁ、って思います。

*****

それでも楽天は、自動配信で、すごく質の悪い広告が出ることは
ないので、気に入ってます。

他のブログに貼ってある、他社の自動配信広告(バナー)を見てると、
うわー、こんなん貼ってると、せっかくの素敵なコンテンツが
だいなしだわーっていうのも多く見かけるので、
気を付けてチェックした方がいいと思います。

ダメダメ広告を配信している会社を選んじゃダメですよ。
サイトの質が落ちます。
自分のブログにふさわしい広告、選んでくださいね!

リンクシェア

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

posted by かこ at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト