技術のタマゴTOPブログ移転
2013年02月11日

ブログ移転時のアフィリエイトリンクをどうする?

旧ブログからの記事の移転ができたとして、
頭がかなーり痛いのが、記事内にあるアフィリエイトリンクです。

サイドバーなどにある広告は、新サイトで審査が通ったものから
新たに貼っていくことになりますよね。


◆楽天アフィリエイト(直接提携)の場合

私は旧ブログでは、アフィリエイトリンクはあまり貼っておらず、
たまに貼っていた記事内の商品リンクは
ほとんど、楽天アフィリエイト(直接提携)で作った広告でした。

これが、意識していなかったんですけれど、とってもラッキーでした。

楽天アフィリエイトの個別認識コードは、
サイトにかかわらず、個人のアカウントごとに発行されるため、
新ブログを管理画面で、サイト追加登録するだけ(審査なし)で
記事内リンクの貼り換えをせずに、有効なリンクにすることができました。

そのかわり、どのサイトで成果が発生したのか分からないっていう
欠点はあるんですけどね。

それでも、移転のついでに、リンク先を確認してみると、
古い商品広告はもう削除されているものがあったりして、
新たなものに貼り換えたりしました。

長持ちする商品を選ぶのも大事かも。余談。


◆LINKSHERE(リンクシェア)の場合

リンクシェアに関しては、認識コードの置換は、わりと簡単だと思います。

なぜかというと、サイトアカウントに対して発行されるコードが一個で
広告ごとに変わるわけではないからです。

サイト認識コードは、
id=xxxxxxxxxx(11ケタの文字コード)という形で
アフィリエイトリンクの中に入っています。

リンクシェア F&Q サイトコードとは何ですか?

ただし、Linkshare の場合、
新規サイトをアカウントに追加するさい、登録審査がありますので、
ある程度、新ブログを軌道に乗せてから提携申請をし、審査が通ってから、
旧ブログからエクスポートしたMTデータ内のサイトコードを
テキストで一括置換してからインポートする、という手順になると思います。


◆A8.netの場合

A8.netのアフィリエイトを使っている場合はけっこう面倒です。

サイトの追加登録に関しては、審査もなく管理画面でささっと簡単です。

アフィリエイトリンク内の個別の認識コードは、
a8mat という文字のあとに、こんな形で入っています。

a8mat= xxxxxx + xxxxxx + xxx + xxxxxx

プログラムに関する何かのコード?+プログラムに対してのサイトコード
+プログラムに関する何かのコード?+商品(広告個別)コード

となっているようです。
(広告リンクや、サイトを入れ替えてコード発行し見比べた私見)

アカウントに対する固有のコードがあったり、
サイトに対してのコードがあるわけではなく、
プログラムごとに、さらに、各サイトに対して
コードが割り当てられているようなんです。細かいですね。

もし、A8.netでは、Amazon広告生成リンクしか使ってない!
とか、
楽天商品広告生成リンク一本でやってます!
とか、
記事内には毎回、同じ広告バナーしか貼ってません!
などという人は、じっくりコードを確認したあと、
「プログラムに対してのサイトコード」のテキスト一括置換で
なんとかなるかもしれません。

でも、置換によってコードを間違えて、成果が発生しなくても
私は責任を持てませんので、よくよくご確認を。

自信のない人や、いろいろな種類の広告を貼っている人は
新規サイトを追加登録した後、
あらたにコードを発行して、貼り換えた方が
間違えないし、速いかもしれませんね。

*****

以上、三つのサービスについて、ご紹介しました。

他にも、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)は
たくさんありますし、アフィリエイターの個別認識コードの
発行の仕方は違いますし、
サイトの追加登録審査が簡単なところも、厳しいところもありますので、
自分が使っているサービスに合わせて貼り換えるしかないです。

もし、集客もあり、成果が順調に発生して、
記事内に入れ込んだアフィリエイトリンクがたくさんある
サイト・ブログがあるのでしたら、
記事のバックアップをとりつつ、そのまま旧ブログを公開したまま
新規サイトを立ち上げ、軌道に乗せ、各ASPの審査が通ってから
記事の移行と、広告リンクの貼り換えを考えるのがいいかもしれません。

なんにしろ、旧ブログからエクスポートしたMTデータを
新ブログにインポートする前に、
テキストで検索したり、置換したり、貼り換えたりするのが、
インポートしてから管理画面で貼り換えるよりは、まだ楽なのかな。
人によるとは思いますけれど。

いやー、面倒ですねぇ。

ファンブログをさくらのブログ・Seesaaに移転する方法
ファンブログからWordPressに移転する方法


【追記】2013年8月17日

記事を全移動して独自ドメインに移転した友人が、ASP各社に連絡を取り、
・サイト追加ではなくURLの全変更
・前サイトの廃止(Noindex)
・内容は同一
ということを伝え、再審査をお願いしたところ、
無事、審査を追加し、全ASPで同一アフィリエイトコードを
引き続き使えることになったそうです(張り替えなし)。

誠実に相談すれは、なんとかできる可能性もありそうです。

posted by かこ at 16:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | ブログ移転
2013年02月10日

ファンブログからWordPressに移転する方法

ファンブログからワードプレスブログへ
直接、記事を移動することができましたので、ご紹介します。

この方法は、前半は、
ファンブログをさくらのブログ・Seesaaに移転する方法
と同じ流れで行います。

次に、全記事のMT形式データ(文字コード:Shift-JIS)を作ったのち、
テキストエディタで変換をかけ(文字コード:UTF-8)保存し、
WordPressにインポートします。

後半は、
さくらのブログ・SeesaaからWordPressの記事移動は簡単だった
と同じ流れです。

(※ファンブログは2014年1月に大幅リニューアルし、
  MT形式、文字コード:UTF-8でのデータエクスポートが
  管理画面でできるようになりました。
  この記事はリニューアル前の情報になります。)


◆手順

1 ファンブログから記事データをエクスポートする
2 MT形式データを文字コード・改行コードに注意し
   別ファイルで保存する
3 WPにインポートする


◆1 ファンブログから記事データをエクスポートする

ファンブログをさくらのブログ・Seesaaに移転する方法

Step1.ファンブログの一記事をMT形式に書き替える
Step2.1記事ずつのMT形式データと画像をとってくる
   (GetHTMLW 8.3.0で)
Step3.画像をフォルダごと自分のサーバに移動する(FFFTPで)
Step4.全記事のデータをつなぎ合わせる(TextFileBinderで)
Step5.記事データ中の画像のURLを書き替える

まで行い、全記事のMTデータを作ります。
このときは、文字コード:Shift-JIS、改行コード:自動
の状態になっています。


◆2 MT形式データを文字コード・改行コードに注意し
   別ファイルで保存する


WPにインポートするには、改行コード:UTF-8
文字コード:LFの状態になっている必要があります。

メモ帳ではなく、改行コード・文字コードを指定して保存できる
テキストエディタを用意してください。

私が愛用しているのは、軽いエディタのCresentEve
改行コードが分かりやすいサクラエディタなどでもいいと思います。

どちらも無料でサイトからダウンロードできます。

CresentEveの場合は、MTデータを開き、名前を付けて保存をすると
初期状態は、
 文字コード:Shift-JIS(または自動)
 改行=自動
という状態になっていると思います。
これを
 文字コード:UTF-8
 改行=LF
に変えて、分かりやすいファイル名をつけて保存します。

サクラエディタの場合は、MTデータを開き、名前を付けて保存をすると
初期状態は
 文字コードセット:S_JIS
 改行コード:変換なし
という状態になっていると思います。
これを
 文字コードセット:UTF-8
 改行コード:LF(UNIX)
に変えて、分かりやすいファイル名をつけて保存します。


◆3 WPにインポートする

さくらのブログ・SeesaaからWordPressの記事移動は簡単だった

Step1:WPブログを用意する
Step2:WPにプラグイン(Movable Type と TypePad)を
    インストールし、有効化する

までを行います。次に、

Step4:WPにさくらのMTデータをインポートする

で、さくらのMTデータの代わりに◆2で作った
文字コードUTF-8、改行コードLFのファイルをインポートします。

以上の流れで、ファンブログからエクスポートしたデータを
テキストエディタで文字コード・改行コード変換し、
ワードプレスブログにインポートすることができます。

お疲れさまでした♪

posted by かこ at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ移転

記事移転のさいにコメントを置いてきた理由

ファンブログの旧ブログ
パート派遣主婦のぐーたら子育て生活」から、
ココロデザインの各さくらのブログに、
カテゴリ別に記事を移動したさいに、
私はコメントやトラックバックは置いてきました。

それはどうしてだったか、っていう話です。

*****

さて、これは
コメント欄画像の顔ナシさんを替える:ファンブログ
という記事の私のコメントです。

comment_fb.jpg

これが記事移動のさいに、エクスポートした
MTデータでは、こんな形になります。

comment_mt.jpg

これをさくらのブログ(Seesaa)にインポートすると
< br >タグと、絵文字のソースコードが残った状態になります。

comment_sakura.jpg

ためしに< br >をテキスト置換で消去してみましたが、
今度は記事本文内の改行が消えてしまい、うまくいきませんでした。
改行コードの置換とかもやってみたんですが、力及ばずで・・・涙。

*****

ワードプレスにインポートした場合は、
< br >タグと絵文字のソースはコメント欄では無視され、表示されなくなります。

comment_wp.jpg

これはこれでいいような気もしますが、{クローバー}って
絵文字が抜けたところは、ちょっと意味不明です。

あと、ファンブログから移動して
絵文字が無くなったコメントって、当時とは
ニュアンスが違ってくると思うんですよね。

もう、そのまま記事ごと旧ブログに置いておいて
読みたくなったとき、現地に読みに行っていただくのが
いいんじゃないかと私は思ったんです。

自分のためには、コメントごとバックアップ
とってありますしね。

*****

絵文字を含めてコメントを移動したい場合は
絵文字のソースコード部分をインポート前に
[クローバー]などと文字に置換する方法もあると思います。

あるいは何らかの方法でファンブログ絵文字を呼び出すか。
でも、ファンブログ絵文字ってファンブログの外で
使っていていいものなのかなぁ?とか思ったりして。

あと、ところどころエクスポートのさいに
コメント抜けが出るんですよね。それもいやだったり。

そんなこんなで、コメントは置いてきたというわけです。
私の場合は、ですけど。

他ブログに後で記事移動することを考えたら、
絵文字は使えないですね。
記事中で多用してなくてよかった〜。


ファンブログをさくらのブログ・Seesaaに移転する方法

posted by かこ at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ移転