技術のタマゴTOPブログ考察
2013年04月29日

コメント欄は誰のもの?ブログコメント欄の使い方を考えてみる

私は、コメント欄は、ブログ主のものであるとともに
『その記事の読者のもの』だと考えています。

*****

自分のブログのアクセス解析って、見てますか?

Google Analytics で、私の持っているサイトである
ココロデザイン全体(各サイト+ブログ)を見ると、
来訪者のうち、新規に来ていただいてる方が、常時8割くらい。

検索から来ていただいてる方は、全体のおおよそ7割です。

この割合は、ブログによって違って、それぞれ特徴があって
面白いのですが、その話は、また違うときにしたいと思います。

*****

私のブログの来訪者の大部分を占める、
新規に検索で来て下さる方のほとんどは、
一記事にやってきて、そのまま帰っていきます。

あるいは、記事に貼ったリンクから、より詳しい情報を持った
違うサイトに跳んで行きます。

直帰率は、おおよそ8割です。

来客を検索に頼るブログでは、一記事それぞれが勝負です。

どれだけ自分の伝えたいことをその記事に込めるか。
どうやって検索で来ていただくか。

他の関連する記事に、どうやって誘導するかっていうのも
とても大事なのですけど、
自分の知りたいことが分かって満足したら、
あるいは分からなくても、そのブログを去ってしまう方が
ほとんどなのですよねぇ。

検索から来る方のほとんどは、その記事しか読まない。

そう思っていて、いいと思います。

*****

ブログにコメントをくれる方は、ほとんどが
そのブログの常連さんだと思います。

ブログの設定にもよりますが、検索エンジンから見ると、
『コメント欄は記事の一部である』と見なされます。

なので、そのブログ主さんのことを大切に考えるならば、
記事にあるコメントは、その記事の内容を強化する内容だと
親切だと思います。

内容を膨らませたり、補足したり、賛成したり、あるいは、
ブログ主さんだけではなく、その記事に来た読者さんのためにも、
記事に間違っている内容が書いてあったら、
その記事のコメント欄で指摘したあげた方がいいと思います。

または、こういう考え方もありますよ、って
別の内容を追加してあげたり。

そこでまた、ブログ主さんが返信することで、読者さんは
その主さんが、その記事についてどんな考え方を持っている人なのか
より深く知ることができたりもします。

私は、自分が気に入っているブログ主さんが、そのコメントに
どんな答えを返すのかを読むのが大好きだったりします。

コメント欄って、記事のプラスアルファだと思うんですよね。

他の良い点としては、コメント欄で記事を
関連した内容で膨らませてあげることで、
その記事を検索にかかりやすくすることもできます。

逆に、あまり記事に関係のない内容のコメントばかりあると、
全体で何の記事か分からなくなるんですよ。

検索から来た読者さんからだと、いったいこのコメント欄は
なんなんだろう?と不思議がらせることにもなりますしね。

検索から来た方が、コメントまで目を通すかどうかは
分かりませんけど笑。

*****

私は、コメント欄は、ブログ主のものであるとともに
『その記事の読者のもの』だと考えています。

常連さんも読者だし、検索から来る方も読者です。

私にとっては、どちらも大切なお客さまです。

常連さんからのダイレクトなコメントは、
私を大きく励ましてくれるし、
何も言わずに、私の考えを読んでくださっている方も
とても大切な存在です。

コメント欄をどう扱うかは、そのブログ主さんが決めて、
常連さんは、その考えをそれぞれのブログ主さんに合わせて
尊重してあげたらいいんじゃないかなぁ、と私は思います。

外部からの来客のことは気にしない、
小さな優しいコミュニティブログも、私は素敵だと思います。

今日はどうしてるの?元気ないね。
あなたのことを気にかけているよ。

そういうやりとりに、どれほど慰められて、
どれだけ元気でいられることか。

同じ空間に、なじみの人たちが集う。

そういうブログのあり方は、ありだと思います。

*****

でも、これだけは。

公開ブログは、全世界の人が読める、外部に開かれたものであり、
コメント欄は、一記事にやってきた検索来客の方も
読んだり書いたりすることがあるのだということ、そして、
あまりに内輪的なコメント欄は、自分の知りたいことを探して、
わざわざ訪ねて来て下さった新しいお客さまを
排除する可能性があるのだということは、
知っておいた方がいいと思います。

コメント欄は、その記事の読者さんのためにある。
一対一のようなコメントのやりとりも、第三者が読んでいる。

その視点を忘れないほうがいいんじゃないのかな、って
私は思います。

posted by かこ at 19:48 | Comment(12) | TrackBack(0) | ブログ考察
2013年01月12日

見つけてくれてありがとう

私の持つブログのうち、この当ブログ、技術のタマゴは、
今のところ超弱小サイトです。

Google Analytics の解析データを見ていると、
一日のユーザー数が、10人超えることは、ほとんどありません笑。

記事数はこれで23記事目。
更新も不定期です。ランキングにも登録していない。
しょうがない。

ですけれど、読者さんのうち、検索から来てくれる方は3割以上。
そして、流入元を見ると、Google検索が一番多い。

10人来てくれたら、3人は、広いWEBの世界の中から
このブログをわざわざ探して、見つけ出して
訪問して下さった方ってことなのですよ。

たどって来てくださった検索(複合)キーワードで
実際に検索してみると、1ページ目に出てることも多いのです。

記事数が少なくても、ワードによっては
ちゃんと上位に上がっています。これは嬉しいですよね。

*****

で、いつもではないですけれど、
検索ワードと、その記事を前に、私はしばし想像します。

この読者さんは、何を思って、何を必要として、
この言葉を検索したのだろう?

この読者さんに、必要とする情報を
私は、ちゃんと渡してあげられたのだろうか?

うわっ、ごめんなさい。
って思っちゃうこともありますが、ブログを書き始めて1年半、
よし、伝わったに違いない!と自画自賛することもあります。

こんな内容の薄い記事をわざわざ読みに来てくれて申し訳ない、
じゃなくって、
読んでくれてありがとうございます♪
って自分で思える記事を積み重ねていきたいですね。

*****

今は、読者さんが笑っちゃうほど少ないけれど、
この読者数を笑い話に出来るほど、
そのうち、このブログでも、じわじわとお客さまが増えていくと、
信じて今日も記事を書くのです。

タグ:Google 検索 解析
posted by かこ at 17:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ考察
2013年01月01日

Googleのページランクが更新されていました

私のSEOの先生、inaliちゃんから頂いた情報。
12/22以降にGoogleページランクの更新があったようです。

そもそも、ページランクって?

今改めてGoogleのPageRankについて理解すべきこと
〜SEO Japan〜

そのウェブサイト(ブログ)にリンクしているサイトの数と、
リンクの関連性の質に基づいてつけられる点数です。

PR0が最低ランク、PR10が最高ランク。
N/Aはランク無しです。

つまり、関連のある記事でたくさんリンクしてもらえば
PRは上がっていくってことですね。
PRの高いサイトからであれば、なおいい。

で、PRが高いから、集客がある、とか
検索にかかりやすい、というわけではなかったりもします。

私の旧ブログ、パート派遣主婦のぐーたら子育て生活は
ずっとPR1でしたけど、ワードによっては
ちゃんとGoogle検索結果の1ページ目に表示されていました。

一番大切なのは、あまりPRには捕らわれず、
きちんとしたコンテンツを作っていくことだとは思うんですけれど、
まったく気にしなくてもいい訳でもなく、
PRが高いっていうのは、外部から評価されてリンクされているサイト
っていう一つの指標なわけで、まあ、高いにこしたことはない
ってかんじかなぁ、と、私は捕えています。

まあ、下がらなくて、順調に上がっていけば嬉しいな、程度で。

*****

私のココロデザインブログ達は、
幸いなことに、開設してすぐに、N/A(PR無)状態を脱し、
PR0やPR1を獲得することができました。

で、今回のGoogleさんのPageRank更新で、
また、PRが上がっていました♪

音と紅茶の時間 PR1⇒PR2
ごま・ゴマ・胡麻アレルギー生活 PR1⇒PR2
パート派遣主婦のぐーたら子育て生活 PR1⇒PR2

技術のタマゴ(当ブログ) PR1
ちびこといっしょ PR1
井戸端ランキング PR1
井戸端の端っこ PR1
ココロデザインショップ PR1

音と紅茶の時間、お客さん、まだまだ少ないんだけどな。
検索にはかかるけど、1日20人も来ないのに(苦笑)。
でも、開設して4か月でPR2っていうのは、
なかなかいいんじゃないでしょうか。順調。

更新頻度とか来客数は、まったく関係ないのだなぁ、と。
まあ、たしかに計算式にそんな値は入ってないし。

PegeRankはサイトのURLで簡単にチェックできます。
私が使っているのは、ここ。

Google PageRank Checker

たまには自分のサイト・ブログを参考程度に
チェックしてみてはいかがでしょうか。

*****

余談ですが、私、一昨年10月(一年と少し前)に、
Google Adsenseのアカウント停止(※通称アボセンス)をくらいまして、
再申請した結果「AdSense アカウントの再開は不可能」という通知を
いただいたんです。

もう、アドセンスとは永久にお付き合いをあきらめていたんですが、
先日、Google Analyticsチームから
「Adsenseを使ってサイトを収益化してみませんか?」
というご案内をメールでいただいてしまいました!

何かの手違いかもしれませんけど笑。

参加要件によると、
今は、ウェブサイトの所有期間が6か月以上ではないと
Adsenseには参加できない、ということなので、
このまま、丁寧にコンテンツを積み重ねて、
2月以降に、新ブログのどれかで申請してみようかな、
と思ったりしています。

いいですよね、ブログ開設して半年は申請できないって。うん。

サイト移転以降、新・旧ブログともに
Googleさんからの評価が段々とあがっているようで、
嬉しく励みになります。

ゆっくり、ゆっくり、丁寧に、
ココロデザインを作っていこうと思います。


【関連記事】
Google Adsense をうっかり踏ませてはいけない

posted by かこ at 09:51 | Comment(20) | TrackBack(0) | ブログ考察